浮気調査を頼むなら

尾行、張り込みで浮気の事実をおさえる

調査対象者、つまり配偶者と浮気相手の行動を調査するために、尾行や張り込みをするのが行動調査、または素行調査と呼ばれるものです。
二人で連携しながら尾行したり、怪しくないようにカモフラージュした車両を使ったり、素人が個人的に行うのは難しいようなテクニックを使って浮気の事実を追いかけます。
浮気の事実が認められた時には、後の裁判で証拠となるような記録を残します。
例えば密会がホテルだった場合は、日時・場所の他、二人で入る場面、出る場面の写真や動画が記録されます。
信頼できる興信所であれば、過去の裁判で証拠能力が認められたもの、認められないものを踏まえ、裁判をより有利に進められるような形に整えて記録し、報告してくれることが期待できます。

専門技術やハイテク機材を駆使して

最近ではGPSやハイテク機器も活用されます。
車やバイクだけでなく、自転車にも取り付けられる小型GPSもあり、調査対象者の動きが追跡されます。
一昔前は尾行時に見失ってしまったらそれまでだったのが、GPSの活用で行動を追尾しやすくなり、行動調査の精度や効率を大きく向上させています。
またカメラ、ICレコーダーなどあらゆる機器が小型化・高性能化され、まるで007の映画に出てくるようなものも実用化されています。
一方、個人が自らの責任で使用するためのスマートフォンの浮気チェックアプリも多数アップされています。
もしそれを配偶者・恋人のスマホにインストールすることができれば、行動記録が残ったり、本人が気づかないように無音でカメラが起動したり、メールの記録をチェックできたりと、証拠収集力は劇的にアップしてしまいます。
プロの技にプラスしてスマホアプリも活用されたら…。
これは逃げられませんね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top