浮気調査って何?どこまでやってくれるの?

怪しいですか?調べてみますか?

どんな調査をするのでしょう?

「最近なんだか夫の様子がおかしい。スマホをロックするようになったし、行き先を言わない外出が増えたし。」
「このところ妻の帰りが遅い気がする。PTAの集まりの後は必ず飲み会で深夜になるし、メイクが派手になったような…。」
「もしや浮気!?」と疑ってしまうのは悲しいことですが、どうしても疑いが晴れない時にはどのように確認したらよいのでしょう。
自分で直接相手に聞いてしまえるなら楽なんですが、そうはいかない場合は誰かに頼むことになります。
ただ他人の行動を調査するには難しい面もあります。
そう、プライバシーですね。
昭和の時代に比べ、今日では個人情報の取り扱いは各段にデリケートな注意を必要とするようになってきました。
うっかり人様のプライバシーを侵害するようなことになれば大問題になってしまいます。
それは家族であっても気をつけなければいけません。
浮気調査をするにはプライバシー侵害にならないような法律的知識が必要なのかもしれません。
インターネットで「浮気調査」を検索すると、探偵事務所や興信所のサイトが数多くヒットします。
これらの多くは弁護士との連携をアピールしていたり、また弁護士事務所として浮気調査を請負うところも見受けられます。
浮気調査には法的理論武装が必要なんですね。
もし浮気の証拠をつかんでしまった場合、もう一度やり直せればいいですが、愛情が全て憎しみに変わってしまって関係修復不能!という時には、やはり法的な手続きに進むケースが考えられます。
そうすると証拠の法的価値や訴訟の準備など、素人ではうまく進めることが難しい場面が予想されます。
やはりプロに頼んだ方が無難かもしれません。

おすすめリンク

別れさせ屋の効果とは

実際に別れさせ屋が介在したことで、恋人たちが別れに発展した事例を紹介しましょう。

浮気調査を頼むなら

浮気調査をプロに頼んだ場合、具体的にはどんな調査をするのでしょうか。 尾行・追跡調査は古くからある調査方法ですが、現代では新しい機器の活用も加わり、ずいぶんとハイテク化したようです。 自分が調査される側になった時のことを考えると…、ちょっと怖いですね。

○月●日×時Aホテルに入り2時間後同所を出る

浮気調査を依頼した場合、その調査結果はどのような形で報告されるのでしょうか。 プロの技術と経験を駆使し、何日間にわたり調査された結果は決定的な証拠となるのでしょうか。 さらに浮気調査は結果の報告で完結するものではなさそうです。 浮気の証拠が有る、または無いことで次のアクションにつながります。

反省して再出発?それとも協議離婚?カウンセリングも

浮気の証拠を突き付けて改心を期待しますか? それとも離婚に向けて法的な手続きに入りますか? どのような調査結果が出ても、またその先にどのような未来を描いても、当事者の精神的負担は大きいものがあります。 浮気調査のアフターサービスとしてはカウンセリングも必要かもしれません。

Page
top